製造開発が増えている

男女

社内研修のためにeラーニングシステムを利用する会社が増えてきています。これを専門的に製造開発している会社もあるので、上手に取り入れてみましょう。研修の手間が省けたり、専門的知識をいつでも身に着けられたりするので効率的です。

詳しく見る

便利なものを利用する

オフィス

多くの企業では誰でも業務ができるように、各業務のマニュアル作成をすることがあります。これには専用ソフトがあると便利です。ただし、ソフトはいろいろなものがあるので、使いやすいものを比較して選びましょう。

詳しく見る

新しい対話方法

PC操作

チャットシステムはリアルタイムでオペレーターとやり取りが出来るあらたなコミュニケーションシステムです。商品を販売するホームページに設置する事によりユーザーからの質問に素早く分かりやすく応対出来るので多くの企業が採用しています。

詳しく見る

オンラインでの学習方法

パソコン

資格などの学習のための勉強方法は、過去から多くのものが存在しましたが、最近ではeラーニングシステムが注目を浴びています。インターネットを介して学ぶ方法であり、その多彩な教材内容や進捗状況の把握が容易などの特徴がある勉強方法です。

詳しく見る

マニュアルを簡単に作成

パソコン操作

従来の業務マニュアルはオフィスソフトを使って作成するのが一般的でしたが、最近は便利なマニュアル作成ソフトも登場しています。マニュアル作成ソフトを使えばマニュアルが簡単に作成できる上に更新作業も容易です。eラーニングシステムと連携できる製品を上手に活用すれば、新入社員の研修効果を高めるのに役立ちます。

詳しく見る

素早い対応が可能

吹き出し

知っておくべき選び方

チャットシステムとは、Web接客ツールと呼ばれるものの一種で、チャットをしているかのように即時にユーザーに対応するツールのことをさします。従来のお問い合わせシステムに比べてスピーディーな対応が可能となり、ユーザーのストレスを大きく軽減し、ホームページからの離脱を防止するなどのメリットがあります。チャットシステムは複数の会社から提供されていますが、それぞれ特徴があります。費用のかかり方も異なりますし、問い合わせ時の対応がオペレーターかAIかや、ポップアップ式なのかウインドウの中に出てくるのかなど様々な違いがあります。チャットシステムを選ぶときは、費用だけでなく、ユーザーにとっての使いやすさと、システムの信頼性、業界ニーズを満たしているかといったポイントをふまえて選びましょう。ユーザーにとっての使いやすさは社外のユーザーに使ってもらうとよくわかります。またすでにそのチャットシステムを導入している企業のホームページに行き、使い勝手を確認してみるのもよいでしょう。システムの信頼性は万が一のときの対応の早さが鍵となります。国内にデータセンターがあるかがポイントで、海外よりも国内にある方がスピーディーな対応が可能となります。また、自社の業界が必要としているニーズを汲んでいるかも確認しましょう。同業他社がどのようなシステムを導入しているかを確認するのもよい手といえます。このような複合的な観点からチェックすると探しやすいです。